title_product_02.png

SCROLL >>>

ほたるメダカ

光春窯の代表的なシリーズ ほたるメダカ」。 乾燥する前の素地を文様型にくり抜いて 透かし彫)、 透明な釉薬を埋め込む “ほたる手” は 波佐見焼ならではの伝統的な技法で 焼成すると文様が透き通って見えます

 

シンプルで日常使いしやすい形状に 可愛らしいメダカが泳いでいるようなデザイン メダカのシルエットから透過する光は 食卓をさわやかな雰囲気にしてくれます また 緑茶やオレンジジュースなど内容物によって メダカの色が変わるのもポイント

SCROLL >>>

竹雪

竹をモチーフにした白磁は 雪のように美しい白と 儚く繊細な手触りが特長。 陶土の特性と肉厚の薄さから 焼き上がりが同じものはひとつもありません それぞれ少しずつ器面のたわみ具合が異なり 個性となっています

 

表面はサラリと手にしっくり馴染むマットな質感 内側はガラス質の高い釉薬でツヤのある仕上がりになっており 異なる表情を楽しむことができます また、 少し外側に反ったカップの口元は 口当たりが良く 飲みやすい形状になっています

SCROLL >>>

掛分け

2色のコントラストが美しい 掛分け シリーズ 2種類以上の釉薬を上下や左右 内外に分割して釉掛けする“掛分け”という技法を用いています

 

飴釉の深い茶色を基調に 対となる色が白と緑ではコントラストが異なり 単体でも食卓のアクセントになりますが 組み合わせることで一層コーディネートの幅が広がります またひとつひとつ手仕事で釉掛けしているため 2色の釉薬が交わった中央部分の表情に個体差があり 器ならではの味わいとしてお楽しみいただけます