title_artwork_02.png

馬場康貴 Yasutaka Baba

 

◎活動・作品について

 

家業に従事するかたわら 国内外の展示会に出展する作家として オブジェ制作を主とした活動を行っている

 

◎経歴

 

1991年

光春窯代表馬場春穂の長男として生まれる

 

2016年

多治見市陶磁器意匠研究所 修了

 

2017年

多治見市陶磁器意匠研究所 セラミックスラボコース 修了

岐阜県土岐市にて制作活動

 

2020年

長崎県に帰郷

 

◎受賞歴

 

2016年

第3回 金沢世界工芸トリエンナーレ 入選

 

2017年

第11回 国際陶磁器展美濃 銅賞 

 

2018年

第115回 有田国際陶磁展 熊本放送賞

 

◎パブリックコレクション

 

2019年

とうしん美濃陶芸美術館 岐阜

カイザースラウテルン美術館 ドイツ

アートワーク

無機的な素材感という 磁器 ならではの性質に着目し 光と影をテーマに制作 磁器はこの特性を有した素材感によって明暗のコントラストを映し出しやすく コントラストが強いほど物質としての存在感が際立ちます

 

具体的には 四角形のチップを階層状に構築 それらは 磁器の素材感を強調する要素として光と影を明確に表現しています

光春窯 KOUSHUN

​✳︎印の画像提供=ア・ライトハウス・カナタ

馬場康貴 Yasutaka Baba

 

活動・作品について

 

家業に従事するかたわら 国内外の展示会に出展する作家として オブジェ制作を主とした活動を行っている

経歴

 

1991年

 

2016年

 

2017年

 

 

 

2020年

受賞歴

 

2016年

 

2017年

 

2018年

 

◎パブリックコレクション

 

2019年

 

 

光春窯代表馬場春穂の長男として生まれる

 

多治見市陶磁器意匠研究所 修了

 

多治見市陶磁器意匠研究所 セラミックスラボコース 修了

岐阜県土岐市にて制作活動

 

長崎県に帰郷

 

 

 

第3回 金沢世界工芸トリエンナーレ 入選 

 

第11回 国際陶磁器展美濃 銅賞 

 

第115回 有田国際陶磁展 熊本放送賞

 

 

 

とうしん美濃陶芸美術館岐阜

カイザースラウテルン美術館ドイツ

SCROLL >>>